設計職について|仕事を知る|アキュラホーム中途採用サイト|適正価格で理想の住まいを

仕事を知るWORK

設計職について

  •  

  • 01朝礼

    一日は朝礼・清掃から始まります。重要事項の共有などを全体で行うための大切な時間です。

  • 02営業さんに確認連絡

    お客様とお打合せの電話連絡。その他、担当営業から引き継いだ設計についての確認など、各所との連携は密に行います。

  • 03設計業務

    営業から引き継いだ情報と、お客様とのお打合せ内容を基に設計を行います。

  • 04デザイナーとの打合せ

    営業、設計、施工の他、インテリアデザイナーも各支店におり、それぞれ専門の業務に集中できる体制をとっています。必要に応じて連携し、仕事を進めます。

  • 05施工管理への引き継ぎ

    設計と施工は同じ支店内に在籍しているため、施工の進捗にあわせて、施工管理職からの相談やおさまりの打合せなど、連携は密に行います。

  • 06展示場、現場へ外出

    展示場での営業やお客様との打合せ、担当している設計の現地確認、施工管理への引き継ぎの一環で現地打合せなど、外出することも少なくありません。

  • 07営業との打合せ

    ご契約いただいたお客様の設計を行うために、営業が作成した図面を基に打合せ。場合によっては、設計職の立場から、改善案の打診や、営業からの相談にのることもあります。

  • 08お客様の引き継ぎ業務

    お客様とのお打合せは、最初のうちは担当営業と同行で行います。リレーションがしっかりとれたら、単独で打ち合わせを行うことがほとんどですが、お客様とのコミュニケーションを円滑に進めるために、何かあれば営業も一緒にお客様の対応を行います。

  • 09社内ミーティング

    場合によっては、設計を行うに当たり、現場をよく知る施工管理職の先輩に相談することもあります。様々な経験を積んだメンバーが社内にいるので、行き詰った時などは頼りになります。

  • 10終業

    一日の仕事、翌日の打ち合わせ準備などが終われば帰宅です。みなさんお疲れ様でした!