施工管理|人を知る|アキュラホーム中途採用サイト|適正価格で理想の住まいを

大きな会社、小さな会社。どちらの強みも持った場所。大きな会社、小さな会社。どちらの強みも持った場所。

施行管理 Niiyama.S

プロフィール Profile

お客様を大事にするスタンスに共感。

前職は、設計職として住宅建築会社に勤務していましたが、経営状態の悪化やステップアップしたいという気持ちから、転職活動を開始しました。アキュラホームに決めたのは「仕事のスタンス」に納得ができたからです。同時に内定をいただいた会社は、提案時から参加し、営業主導で行う設計業務。一方、アキュラホームは前職と同様、契約後にお客様の要望をヒアリングしてニーズを汲み取り、設計目線で業務ができる。今までの経験をそのまま生かして、お客様のために設計業務に取り組めると思いました。ただ、面接で新宿の本社に行ったときは、前職が埼玉を地場にしたアットホームな会社だったので、とても大きなビルにちょっと物怖じしてしまいました(笑)。実際には、配属された事務所であたたかく迎えていただいて、みなさんからは丁寧にフォローしていただけたので、すぐに安心できました。最初は少し不安でしたが、今は本当に働きやすい会社だなと感じています。

写真

気軽に相談に乗ってくる先輩たちがいるから、安心できる

前職では主に設計を担当していて、アキュラホームに入社した際も設計職でした。施工管理にキャリアチェンジしたのは入社してから3年後。設計の業務は一通りできたのですが、工事の施工方法が分かっていなかった。施工の現場を知ることで、より立体的に「家づくり」を学ぶことができると思ったんです。施工管理になって改めて感じたのが、アキュラホームの品質に対しての徹底ぶりです。各支店に品質を管理する検査員スタッフが在籍していて、彼らが徹底的に品質をチェック。お客様には高品質を保証できる住宅をお引渡しすることができています。また、様々な経験を積んだ幅広い世代の社員が在籍していて、各業務の専門家がたくさんいるので、何かがあれば気軽に相談でき、アイデアをもらうことができます。さらに、設計やコーディネーターも同じ支店にいるので、コミュニケーションも取りやすい。個々に仕事をするのではなく、チームワークを重視しているので、お互いにフォローし合いながら仕事を進めていくことができていますね。

写真

生活基盤となる「家」をご提供する醍醐味。

設計を手がけていた頃に比べると、お客様との接点がとても増えました。施工中のお客様には週に1回程度はご連絡し、進捗状況をお伝えするようにしています。他社の施工管理でも言えることではありますが、仕事の醍醐味は、お引渡しの際にお客様が喜んでくださる姿を見られること。感謝の言葉をいただけるとモチベーションも上がります。先日担当した30代夫婦のお客様は、ちょうどお引渡しのタイミングで妊娠されたことが判明。ご夫婦の今後の生活基盤を提供できたことに喜びを感じました。
また一方で、社内では半期ごとに高いパフォーマンスを出した施工管理職が表彰される制度があり、2015年度上期では全国3位で表彰をいただきました。こうした場も、私にとっては仕事のやりがいに結び付いています。今後は、知識と経験を増やしていきながら、「チーム長」といったポジションでマネジメント業務にも携われるようになっていきたいと思っています。

写真

「働きやすさ」を感じる各種制度。

アキュラホームは、安心して働ける環境づくりを積極的に進めている会社だと感じることが多いです。その一つが、「しあわせ一時金制度」。一人目の出産時には30万円、二人目50万円、三人目以降は 1 人につき 100 万円の出産祝い金が支払われます。私には現在子どもが2人いますので、二人分の出産祝い金が支給されました(笑)。さらに、資格取得した際にも祝い金が出ますので、「1級建築施工管理技士」を取得しようと奮闘中。技術面に関する知識は、業界経験豊富な上司や先輩たちから教えてもらうことも多々ありますね。わざわざ作業の手を止めて、じっくり話を聞いてくれる優しい人たちばかりで安心できます。
また、アキュラホームには改善提案の申請制度もあって、社員の提案に会社が耳を傾けてくれます。私自身、鉄筋の組み方についての改善提案を出していて、そのアイデアは通りそうな状態ですね。現場からの意見・アイデアで会社の仕組みを変えることができる。そうした点もアキュラホームで働くモチベーションの一つになっています。

写真

休日の過ごし方 Private Time

準備中

休日の過ごし方