設計|人を知る|アキュラホーム中途採用サイト|適正価格で理想の住まいを

自由度、できることの違い。個人設計事務所からの転職で得たもの。

設計 Ikatsu.H

プロフィール Profile

個人の設計事務所から転職。

大学を卒業して最初に就職したのはアパレル関係。配属先は総務でした。日々の仕事に物足りなさを感じて転職を決意。「衣・食・住」のいずれかに携わりたいという思いのもと、これまでに経験したことのない「住」を選び、設計士を志望しました。設計の専門学校に通い、その後は地元・大阪の設計事務所に就職。年間4棟ほどの設計を担当し、やりがいも感じていました。ただ、仕事に繁閑の差があり、「設計士としてもっと経験を積みたい」という思いが高まってきて2度目の転職活動をスタート。

転職時の希望は“新たな経験”。前職は10名程度の事務所で、何から何まで自分一人でやっていたので、設計業務だけに集中できて、かつ大きめの会社で経験を積みたいという想いがありました。あと、前職の事務所では、大きなハウスメーカーはデザイン性が落ち、やりがいも少ないと聞かされていて、「実際のところはどうなんだろう?」という実情への興味もありました。

そんな色々な思いで転職サイトやホームページを見て回る中で、大きめの会社ながら、屋根のかけ方など、デザイン面で型にはまった感がない自由度が高そうな会社が一社あったんです。それがアキュラホームでした。関西ではあまり認知度はなかったのですが、調べれば調べるほど興味がわき、最終的には他の数社から頂いていた内定をお断りして、アキュラホームに入社することに決めました。

写真

大きな会社ですが、自由度は高い。

アキュラホームは大きな会社。各業務は仕組み化されていて、ある意味「流れ作業」のようになっていて、裁量も少なかったりするのかな?と少し斜めに見ていました。しかし実際はそうではありませんでした。設計も、建具の細かいところまでこだわることができますし、裁量も自分次第。とことんこだわることもできます。

また、前職では少数精鋭の会社だったのでコーディネーターの仕事も私自身が担当していましたが、アキュラホームは、設計・営業・コーディネーター・施工管理と役割分担がきちんとされています。言うなれば、チームで動いているような感覚です。ですので、社内のコミュニケーションは必須。誰が何をどうやるのか、きちんと意思疎通をして「家づくり」という一つのプロジェクトを進めていくやり方に面白さを感じていますね。

今、年間平均して担当している物件数は18棟。決して少ない棟数ではないので、いかに効率的に仕事をするのか、という点も大事です。効率性も重視しながら、デザイン性や品質も落とさないように設計する。――前職では体験することのできなかった、多様な経験を積むことができていて、それが私自身の成長につながっていると感じています。

写真

お客様からの感謝の声が、やりがいに結びつく。

会社から「こうしなさい」といった細かい指示はなく、設計に任される裁量・自由度はとても高いと思います。お打合せなど、お客様と接する時間もしっかりあるので、ただの流れ作業になることもありません。

例えば、お客様のご要望を踏まえ、建て替える前の古い家で使っていた柱を、新居の仏壇の枠材として再利用したこともありました。他にも、サイズの大きな車を所有しており、駐車スペースにこだわられていたお客様がいたのですが、打合せを重ねることによって、安心してもらえるレベルまで設計図面に落とし込んだこともありました。最終的には、無事に駐車できるお住まいを建てることができ、喜んでもらいました。

このお客様には、お引渡し1か月後に、営業や施工メンバーと一緒に自宅へお食事にも招いていただいたんです。前職の個人設計事務所の頃にはなかった経験に、少し興奮しました。今でもこの出来事は私のモチベーションの一つになっています。これからも、お客様のニーズを汲み取りながら「機能美」を感じられるデザインを手がけていきたいと思っています。

写真

学びが多く、自分次第で確実に成長できる会社です。

今後の目標は、「設計」の上位職種である「デザイナー」へのキャリアアップ。デザイナーは、企画段階から参加して、営業兼設計としてお客様への最初のご提案=プランニングから関わっていく職種です。

アキュラホームに入社して、契約後の設計業務に集中して取り組み、経験を積むことができているのですが、契約前の企画段階から設計として携わる経験はデザイナーでなければできません。日々の業務で経験を積みながら、週1回設計メンバーが顔を合わせて行う事例共有ミーティングなど、「学びの機会」を活かして企画提案力などを磨き、出来るだけ早くデザイナーになりたいと考えています。

最後にはなりますが、アキュラホームは、自分次第で経験を高めていくことができる会社です。設計として仕事に真摯に向き合い、成長を目指したいと思っている方と一緒に働きたいですね。

写真

休日の過ごし方 Private Time

ファッションサイトを眺めたり、犬の散歩をしたりしています。
建築物を見に行ったりもしていて、最近は東京カテドラル大聖堂に行きました。
温泉にも行きたいところですが、これはしばらく行けていません(笑)

休日の過ごし方