営業総括|人を知る|アキュラホーム中途採用サイト|適正価格で理想の住まいを

プロフィール Profile

イメージは“新しいことを色々やっている同業他社”

前職は住宅建築会社の営業。正直にお話しすると、元々アキュラホームのことはあまりよく知りませんでした(笑)初めて認識したのは、勤務先近くの展示場にアキュラホームが出店したときです。そこから、日が経つにつれてあちらこちらで目にする機会が増えていきました。

そしてある日、意外なところで「アキュラホーム」の名前を目にして、その存在を意識するようになりました。それは、毎年足を運んでいた「ジャパンホーム&ビルダーショー」(建材・部材・設備の展示会)。最初は「何を出展しているんだ?」と驚きましたね(笑)

そこから、アキュラホームは「ジャーブネット」という工務店ネットワークを構築したり、新しいことに、どんどんと着手していることを徐々に知り、面白い会社だなと思いました。ちょうど同じ頃合いに、自身の経験をもとに「組織力」を活かした営業がしたいと考えるようになり、他に色々なご縁もあってアキュラホームに転職しました。

中から見たアキュラホーム。

入社して思ったのは「業界内でも目新しい取り組みを色々行っているなあ」ということ。例えば、先ほど少し触れた「ジャーブネット」。これはアキュラホームが主宰している、全国の地域工務店・ビルダーを結ぶネットワーク組織。先進技術や住宅関連情報を共有していたり、スケールメリットを取り入れたりすることで、家づくりにおける効率化とコストダウンを実現しています。

また、アキュラホームは自社だけではなく、多くの企業を巻き込みながら、お客様により良い商品提供を行うように徹底した努力や改善を続けている点は特徴的だと思いました。他にも、流行りの技術を取り入れるのではなく、コンセプトである「住みごこちのいい家」を実現するために、日本らしさを大切にした家づくりを進めるなど、取り組みの幅は思った以上に広かったです。

社内的な取り組みも多くて、若手や女性の営業職が活躍できる環境の整備など、入社して改めてアキュラホームの柔軟性を肌で感じていましたね。

営業のしがいがある注文住宅

アキュラホームの注文住宅の特徴は、1ミリ単位で自由設計ができる点にあります。競合他社に多い「営業主導型」ではなく、アキュラホームでは設計担当のメンバーと足並みを揃えながら、「お客様主導型」の家づくりを手がけることができます。

また、納期が短いのもアキュラホームの特徴です。施工現場での作業がスムーズに進むように、建材は一度センターに集約されて不必要な梱包を取り除き、すぐ使える仕様にして現場に配送しているので、工期は約2カ月半という短さです。お客様は1日でも早く完成した我が家を見たいので、工期の短さには喜んでもらっています。

ブランド力があり、価格的にもお客様にお勧めしやすい。一方で、明確な“売り“のある商品をもった会社と違い、お客様に応じて柔軟な提案ができる。この点は、業界経験者の方であれば、営業のしがいがある点になると思います。

経験者であっても、会社が違うことで新たに覚えなければならないことは少なからずありますが、私の場合は、1ヶ月程度で業務に慣れることができたので、心配はないと思います。地道にしっかり仕事に取り組める方なら、長期的に活躍していくことができる場所なんじゃないかと思いますね。

周囲と協力し合いながら、長く活躍できる環境がある。

アキュラホームは、組織力を重視した営業スタイルです。誰か一人が突出して良い結果を残すのではなく、営業所単位で所長・メンバーが連携しながら結果を出していく意識が強いと思います。個人の成績だけを評価する体制ではないので、個人でガツガツ契約を取って稼いでいきたいという人には、もしかしたら合わない部分もあるかもしれません。でも、しっかりお客様と向き合って、組織の力を生かしながら長く働いていきたいという方には、お勧めできる環境だと思います。

また、企業規模があるからこそだと思いますが、将来のキャリアの選択肢にも幅があります。「キャリアデザイン制度」という制度があって、自己申告や所属長からの推薦で、ある程度キャリアを選択できる体制になっているんです。色々なことにチャレンジしたいという方、この業界で長く働き続けたいという方には、色々な可能性がある場所だと思います。

キャリアグラフ Career Graph

前職の住宅建築会社に入社。先輩と同行しながら仕事を覚える。北本の展示場にアキュラホームが初出店し、その存在を知る。

新卒から仕事を覚え独り立ち。お客様と一緒になって住宅をつくり、一気通貫でお客様と関わることのできる仕事のスタイルにやりがいを感じる。
自分を売る仕事という意味でも、やりがいがありました。

所長になるも、新たらしい仕事に苦戦。一方、営業時にアキュラホームと競合する機会が増え始める。当時は安さを売りにしている会社というイメージ。

営業として順調な日々。日々お客様と住宅を創る業務に邁進する。一方、アキュラホームは小さな地場の企業から全国規模の会社に成長。

毎年好きで訪れていた資材展「ホームビルダーショー」でアキュラホームを発見。少し驚くとともに、競合他社として意識し始めました。

営業時に競合する中、アキュラホームが工務店支援や見積もりシステムなど、色々な取り組みを行っていることを知る。住宅建築の業界で、常に何か新しいことをやっている点は、素直に感心しました。

展示場で、アキュラホームの女性営業や若手がイキイキ仕事をしているのをよく見かけるようになる。人数も多く、住宅建築の業界では珍しい会社だな、という印象でした。

今の仕事を一段階バージョンアップさせた業務に取り組みたい、という気持ちが芽生え始める。アキュラホームにいる先輩から、「同業界で営業としてやっていけているなら、アキュラホームで売れるよ。あとは、水に合うか合わないかの問題だけだ。」と言われ、転職を意識し始める。

組織で営業活動に取り組みたい。これまでに培った経験や知識を活かして、若手を育てたい。
という思いから、アキュラホームの門をたたく決意をする。無事内定。

アキュラホームに入社。1ヶ月ほどで営業スタイルや会社の仕組みに慣れ、社風、環境も馴染むことができて一安心。

所長に昇格。

所長1年目はなかなか結果を出せず苦難の日々。

所長2年目にして、上長の支援もあり好転。所員とともに営業活動に取り組みながら、キャリアデザイン制度で選択肢も幅広くあるため、建築業界でどのようにキャリアアップをしていくべきかなど、色々考えながら日々の業務に邁進。

営業総括に昇格。新しいフィールドで、さらなるキャリアアップを目指して頑張っています。

休日の過ごし方 Private Time

年に5~6回程度ゴルフへ。
あとは基本的には、犬の散歩や、奥さんの買い物に付き合って二人で出かけたりしています。
最近だと、浅草まで落語を見に行ってきました(笑)

休日の過ごし方