営業|人を知る|アキュラホーム中途採用サイト|適正価格で理想の住まいを

営業未経験、三十代からの挑戦。楽しく仕事ができた理由。営業未経験、三十代からの挑戦。楽しく仕事ができた理由。

営業 Watanabe.H

プロフィール Profile

自販機のルート配送から、未経験で入社。

もともとF1が好きだったこともあって、最初の就職先は自動車メーカー。工場のラインで、車の組み立てをおよそ5年経験しました。ただ、工場内での作業は、性に合わなかったのかなと思います。外に出てのびのびと働きたい。そう思うようになり、前職の自動販売機のルート配送業に転職しました。

そこでも5年程働き、気が付けば30歳目前。節目の歳に改めて自分の人生を考えた時に、以前から興味のあった営業職で、30代はこれまで以上にガツガツ働きたいと思ったんです。それまでは営業職に興味を持ってはいたものの、ハードルが高く感じられて躊躇していたのですが、年を重ねたせいか、ハードルの高さも気にならなくなっていました。

そうして営業職を軸に転職活動を開始したんですが、仕事でパソコンを使った経験もほとんどなく、お客様と折衝するスキルやノウハウもないので、「未経験」でスタートできるところを探しました。そうして見つけたのがアキュラホームの求人。たまたま知り合いがアキュラホームで働いていたので、どんな会社なのかを聞き、固定給で給与体系がしっかりしているとのことで転職を決めました。

写真

「チームワーク」を重視した営業スタイル。

入社してありがたいと感じたことは、「チームワークがしっかりしている」という点でした。アキュラホームの営業は、個々の力を補い合い、営業所で一丸となって取り組む「チーム営業」というスタイル。入社当初は所長がお客様の商談に立ち会ってくれて、わからないことがあればすぐにフォローしてくれました。所長の同席がないときは、お客様から受けた質問を一度持ち帰って先輩に確認したり、とにかく困ったことがあれば遠慮なく所長や諸先輩方の力をお借りしました。そうして足りない知識を一つ一つ学んでいくことができたので、未経験スタートでも孤立することなく仕事に取り組むことができました。本当にありがたかったです。

営業所の団結力、人間関係の良さは、アキュラホームの大きな特徴だと思います。最近、私が所属する営業所が全国一位の成績で表彰されたのですが、所長は「この結果はみんなのおかげだ!」と、営業所長として獲得したインセンティブを遣って、営業所メンバーで3泊4日のグアム旅行に行く企画を立ててくれたんです。みんな大喜びでしたね。旅行もしっかり楽しんできました(笑)団結し、みんなで喜びを分かち合える会社だと、私は思います。

写真

家をお引渡しした後も、お客様との関係性は続きます。

仕事の醍醐味は、一生のお買い物である「家」をご購入していただいたとき。金額も大きく、お客様の人生を左右するもの。そうした「家づくり」に携わり、お客様から「良い家ができました!」と言われることに嬉しさを感じています。所長がよく話すのが、「会社目線になるな、お客様目線になれ」という言葉。アキュラホームの注文住宅は自由度が高く、お客様の要望にあわせてアレンジがしやすい。お客様の満足度を高め、より良い「家づくり」を実現するために、営業所は一丸となっています。

そうしてご契約いただくと、その後も気になってしまうんですよね。設計・施工チームが現場を担当しているので、営業が現場に行く機会がほぼないのですが、どうしても担当しているお客様の家の施工状況が気になってしまう。夜な夜な懐中電灯を持って所長と現場を見に行ってます(笑)。

お引渡し後も、お客様とは継続的にコミュニケーションを取っています。ついこの前も、入社して1件目に担当したお客様のお家に訪問してきました。小さいお子様に絵本を10冊くらい読み聞かせしてきました(笑)。アキュラホームには、「永代家守り」という活動があり、積極的にご入居者訪問を行っています。そこで、住み心地や経年による住宅の不具合などについてヒアリングし、より快適に暮らしていただくために適切なアドバイスをしているんです。こうしたお客様とのお付き合いから、新しいお客様をご紹介いただくことも多々あります。

写真

メリハリのある働き方ができる。

入社して約1年半で、12棟もの家づくりを担当させていただきました。私のように、デスクワークをしたことがない、PCスキルも非常に低い未経験者が、このような成果を出せるのも、「チーム営業」というスタイルが大きな理由だと思います。営業未経験でも、わからないことは積極的に先輩や所長に聞いて、行動に移せる方なら、十分に力を発揮できる環境がアキュラホームにはあると思います。

また、きちんと休めますし、メリハリのある働き方ができるので、その点も安心です。上司が率先して休みを取得しているので、「気を遣って休めない」なんてこともありません。もちろん、「上司が帰らないから、気を遣って退社できない」といったこともないですね(笑)。私の趣味はスノーボードなんですが、この冬もしっかりと休みを取って北海道に行って、スノーボードで思いっきりリフレッシュしてきました。メリハリを持って伸び伸び仕事をさせてもらえているのでありがたい限りです。今後は、現在の私の上長である所長を目標に、私自身が「所長」になることを目指して成長していきたいと思っています。

写真

休日の過ごし方 Private Time

休みが合えば、奥さんとスノボやゴルフで遊びまわっています。
それ以外だと、犬を連れて山登りしたり、スキー場に行ったり、とにかくどこかしらに出かけています。

休日の過ごし方