業界を知る|アキュラホーム中途採用サイト|適正価格で理想の住まいを

業界を知るAbout HOUSING INDUSTRY

住宅業界の将来性

住宅業界に今後求められること

住宅業界はいま業界全体が、縮小傾向にあります。
つまり業績不振に陥る企業や、事業縮小や撤退する企業も少なくないということです。
さらに、今後これまでにない超高齢化社会を日本は迎えます。増加する高齢者と、30~40歳前後の若年層ではまったく異なった住宅商品が求められています。
首都圏の進化とともに、地方都市における人口の流失や地価の下落が生じる可能性も考えられます。
住宅単体だけではなく、魅力的な街づくりや市街地の再開発などの問題にも住宅業界全体で取り組んでいく必要があります。

住宅の着工戸数推移

住宅の着工戸数推移

PAGE TOP

アキュラホームが住宅業界で目指すこと

アキュラホームが住宅業界で目指すこと日本の住宅は欧米に比べて価格が高いと言われています。
住む人が満足できる家が「いい家」であるのは当然のことですが、あまりにも高いお金がかかってしまい、その後の生活が犠牲になっては意味がありません。
アキュラホームは家=住宅を販売していますが、「家を売る」よりも、「暮らしをつくる」会社でありたいと思っています。
高品質・低価格を実現する様々な戦略や、一棟一棟を美しくデザインできる「デザインコード」の開発など、お客様が本当に幸せな暮らしを送れるように提案をしてきました。

縮小傾向にある業界の中で、アキュラホームは21期連続増収を達成しています。さらに地域密着を更に推進し、地域に愛される100拠点の展開を予定しています。人々の暮らしを豊かにするために、品質・価格・サービスのすべてにおいて日本一の住まいづくりをさらに目指していきます。

PAGE TOP